S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
東日本大震災から5年を迎えました
3月11日を迎え、あらためて5年前を思い起こし、心より哀悼の意を表します。

弊社は建設業者として、復旧から復興へしっかりと地域に貢献していけるよう、一層の努力をしていきたいと思っております。

いまだ仮設住宅に暮らす被災者の皆様、そして、癒えることの無いご遺族の方々の気持ちを思いながら、日々業務に精励していきたいと思います。

サン工業株式会社
| 3plus-home | 震災復興 | 20:17 | - | - | ↑TOP
仙台市「住宅の応急修理制度」10月末まで延長

仙台市より、住宅の応急修理に関する修理見積書提出期限延長のお知らせがありました。

延長となった提出期限は、平成24年10月31日までとなっております。

10月31日までに、施工業者からの見積書を仙台市に提出しなければなりません。

応急修理制度の申込を完了されている方で、まだ見積書の提出を行っていない方は、

至急、施工業者に見積書の作成を依頼し、仙台市に期限までに提出して頂ければ、

同制度を利用することができます。

住宅の応急修理制度の概要は以下のとおりです。

●制度の概要 
・災害救助法に基づく住宅の応急修理は災害により住宅が半壊し,自ら修理する資力のない世帯に対して,被災した住宅の居室,台所,トイレ等日常生活に必要な最小限の部分を応急的に修理します。
・応急修理は,市町村が業者に委託して実施します。
・修理限度額は1世帯あたり52万円です。同じ住宅に2以上の世帯が同居している場合は1世帯とみなされます。

●活用できる方
災害救助法が適用された市町村において,以下の要件を満たす方が対象です。
〆匈欧砲茲蟒斬陲半壊又は半焼した方(り災証明が必要になります。)
応急仮設住宅等に入居していない方
自ら修理する資力のない世帯(※大規模半壊以上の世帯については資力は問いません。)
※世帯収入や世帯人員などの条件については,お住まいの市町村にご相談下さい。

| 3plus-home | 震災復興 | 10:33 | - | - | ↑TOP
東日本大震災から一年が過ぎました

2012年3月11日、東日本大震災が発生してから一年が過ぎました。

被災した皆さまにとっては、本当に大変な一年であったと思います。
私たちも、地元の建設業として震災復旧工事に携わってきましたが、
長かったような、あっという間だったような、複雑な感覚の一年を過ごしました。

震災から一年を迎え、亡くなられた方々に、あらためて心より哀悼の意を表するとともに、
これからも全力で地元の復旧、復興にあたっていくという決意を新たにいたしております。

頑張ろう!東北・宮城

プラスホーム
代表取締役 小野寺昭文
社員一同

| 3plus-home | 震災復興 | 17:31 | - | - | ↑TOP
仙台市住宅の応急修理制度の申請期限は平成24年3月末

仙台市の住宅応急修理制度の申請期限が、平成24年3月末となりました。
(ただし、国の指示により変更となる場合があります。)

住宅の応急修理制度は、半壊以上の方は世帯の収入要件を満たせば利用ができ、
大規模半壊以上の方は収入に関係なく利用できます。

災害救助法の規定により、自らの資力で被災した住宅の修理を行うことが出来ない被災者を対象に、
申請に基づき仙台市が対象住宅の応急修理を行います。

住宅の応急修理制度に該当する方で申請がまだの方は、
お早めに仙台市役所本庁舎1階ギャラリーホール、被災者支援相談窓口にて申請して下さい。
郵送でも受け付けているとのことです。

仙台市住宅の応急修理制度

| 3plus-home | 震災復興 | 20:41 | - | - | ↑TOP
仙台市によるブロック塀の解体・撤去

■対象
個人又は中小企業者が所有するブロック塀で、東日本大震災により損壊したもの

※ 中小企業者とは、中小企業基本法に定める「中小企業者」及びこれに準じる公益法人等をいいます。
※ コンクリートブロック造だけでなく、石造、れんが造など塀全般が対象となります。(門柱・門扉を含みます。)なお、生垣は、対象外です。
※ 基礎部分を除きブロック塀全体の解体となります。一部解体はできません。
※ ブロック塀が土留の役割を果たしているなど解体することにより土留等の工事が必要となる可能性がある場合は、土留等の工事が必要とならない範囲での解体となります。なお、土留等の工事は行いません。
※ 植栽、庭石、石灯籠等の撤去は、対象外です。
※ 擁壁の解体は、対象外です。

※8月22日より前に契約し、自費で損壊したブロック塀を解体した方については、廃棄物の処分費も含め、その費用を助成します。
 助成の受付(予約制)は、9月7日からとなります。受付の予約及び必要な書類の案内は、9月1日から「損壊家屋等の解体・撤去」専用ダイヤルにて行います。

■受付期間
8月22日(月)から11月30日(水)

■受付時間
午前9時から午後4時30分まで

■お問い合わせ先
「損壊家屋等の解体・撤去」専用ダイヤル 022-263-8590
午前9時から午後5時まで(土日祝日も開設します。)

| 3plus-home | 震災復興 | 19:20 | - | - | ↑TOP

ページのトップへ