S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
<< プラスホーム施工状況について | main | 誰でもできるわが家の耐震診断 >>
津波による住宅の浸水被害の対処について
津波による住宅の浸水被害に対しては、まずは”乾かす”ということが重要となります。

‥イ覆匹鬚き出す
△れいに洗浄する
4控い鯲匹し、できるだけ乾かす
ぞ弾如殺菌を行う

あわてて新しい畳を入れたりすると、カビが生えてしまったりしますので、
まずはできるだけ乾かすということを心がけて下さい。
どうしても湿気が抜けない場合には、床板の張替えとなります。
畳の下地板であれば、非常に安く工事ができると思いますので、
畳を入れる前に、下地板を張り替えて、防湿シートを張ってから畳を敷くと良いかと思います。

また、床下の乾燥も大変重要です。
ベタ基礎で防水がしっかりしていれば、上記の 銑い鮗損椶垢譴侘匹い隼廚い泙后
布基礎や玉石基礎などで、地面が露出している場合には、
地面が大量に水分を吸っている状態なので、より長期間の換気が必要かと思います。
吸湿剤や送風機というものもありますが、その効果は絶対ではありません。
換気をしながら、木材の腐食やカビの発生がないか定期的に状態を見ていくことが重要になると思います。

このような時には、床下の吸湿剤や送風機を高額で売りつけるような悪徳業者も出没する可能性があります。
ぜひご注意をして頂きたいと思います。
まずはしっかりと建築の専門家にご相談することをおすすめいたします。
| 3plus-home | 震災復興 | 20:27 | - | - | ↑TOP

ページのトップへ