S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
<< 基礎クラック補修 | main | 素敵なお花ありがとうございました >>
外壁クラック補修

モルタル等の塗壁は、地震等の振動があるとクラック(亀裂)が入ってしまいます。

いわゆるヘアクラックというわずかな亀裂であれば、すぐに壁の崩落等の大きな被害につながることはありませんが、
クラックから雨水が侵入し、中長期的に見れば、亀裂が拡大し、ひいては外壁の崩落につながる可能性もありますので、
できるだけ早期に補修を行っておくことが必要となります。

補修方法としては、コーキング補修とエポキシ補修があります。
コーキングは、変性シリコン等の弾性材料であり、クラックを上からふさぎ、防水します。
材料が比較的安価で、一般に多く用いられている補修材です。

一方のエポキシ材は、エポキシ樹脂の接着剤で、クラックの中に入り込み、
クラックを強固に接着します。耐久性も高く長期的にその接着性を保持するといわれています。
プラスホームでは、エポキシ材による外壁クラック補修を行っています。

●外壁エポキシ補修の施工手順
1.クラック部分の汚れを取ります
2.専用のエポキシ材をクラック部に充填します
3.エポキシ材が硬化した後、塗装を行い仕上げます

●外壁エポキシ補修の費用の目安
3,800円/m 材料費・施工費共
※クラック幅〜1.0mm程度までの費用となります。1.0mm以上のクラックにつきましては、補修方法も含めご相談ください。
※塗装は別途となります。塗装につきましては、方法、材料等により費用が異なりますので、ご相談ください。

| 3plus-home | 震災復興 | 13:45 | - | - | ↑TOP

ページのトップへ